早漏の基本知識~早漏が改善すれば自信が取り戻せる~

男性の自信を消す問題の症状「早漏」ってどんなやつ?

誰にも知られたくない悩み

人には色々なコンプレックスがあります。それらを克服するにはとても大きな力が必要です。ですが、誰にもバレずに克服したいという気持ちは、より一層心に負担をかけます。しかし、同じコンプレックスで悩んでいる方は多くいるので、一人で抱え込まずに専門クリニックやサイトで克服するように頑張っていきましょう。では、下記に男性の悩みについて紹介していきます。

男の悩みランキング!

【夜に自信がない】早漏

早漏でお悩みの方はダントツ多いです。射精する時間が早くて、夜の営みに自信が出ないという方のほとんどが早漏と言われる位です。早い射精だと「女性に見下される」「せっかくのチャンスなのに、早漏だと次はないだろう」などマイナス要因になり、恋や性に積極性がなくなります。

【恥ずかしくて見せたくない】包茎

包茎とは男性器の皮が常に被っている状態のことを言います。そのため、臭いや性病のリスクがあるとされています。性行為では包茎が原因で早い射精になっているケースも多いと言われています。しかし、包茎でも種類があり、皮が剥ける包茎に関しては、理解があるものの、真性包茎やカントン包茎といった「亀頭をキレイに洗うことができなない重い包茎」に対しては、多くの女性が拒否反応を示してしまいます。もしも悩んでいるのであれば、専門クリニックに行き、施術を受けて解消しましょう。

【嫌われたくないから近づかない】体臭

周りに不快感を与えていても、周りは指摘しにくいため気づかない悩みです。体臭のせいで仕事ができないという方も少なくありません。原因は食生活や汗と言われています。肉ばっかり食べている方は臭いが強いとされているので、野菜なども一緒にとることで緩和することが可能です。また汗に関しては、そもそも汗には臭いはありません。しかしそれを放おって置くことで菌が増殖して不快な臭いになるのです。

早漏の基本知識~早漏が改善すれば自信が取り戻せる~

男女

そもそも早漏の定義って?

多くの男性の悩みで早漏は常にトップを走っています。「自分は早漏かもしれない」と考えている方は全体の50%とも言われています。早漏に対する共通イメージは「射精するまでの時間が早い」ことです。ですが、たくさんの男性は早漏の定義をしっていません。ほとんどが挿入後5分で射精してしまったから早漏という間違った定義で判断しています。本当の定義とは「挿入後2分以内、または挿入前に射精する」「ピストン運動が10回以内で射精」などがあります。

早漏になる原因

多くの早漏で悩んでいる方に聞くと、早漏の原因は性的刺激が他の人よりも敏感だからという答えが返ってきます。ある早漏実験での発表によると「性的刺激が原因なのは、全体の約3割も満たない」と言われています。多くの原因としては自律神経の乱れが問題だそうです。自立神経には交換神経と副交換神経があります。射精には交感神経が密接に関わっています。一方の副交感神経にはリラックスを生み出す神経と言われています。興奮や緊張などは交換神経が担当なので、交換神経の働きが活発になることで早漏で悩むことになります。早漏克服には副交感神経の助けが必要です。

早漏の治し方!

治し方には2種類あります。一つは専門クリニックでの治療。もう一つは、自己治療です。専門クリニックに行き、専門家の知識で治すことも可能ですが費用がかかります。ですが、専門知識のもと、安全な改善に向かうためオススメではあります。自己治療には早漏対策ビデオをみて、自分で行うか、パートナーと一緒に改善する方法になります。どちらも性器に刺激を与え、射精する前に刺激を止める。その繰り返しで、徐々に改善していくようにするのです。

実はそんなに気にしていないかも!

早漏は決して悪いことではないということだけ理解をしておきましょう。「性行為よりもくっついているのが好き、だから早漏は気にしない」「そもそも早く射精してくれることは、それほど魅力のある存在だから」ということで早漏を肯定してくれるパートナーも存在します。もし早漏で悩んでいる方はパートナーと最初に相談するほど大事なこととしっかり認識してください。ですが、自分の自信にも繋がるため改善できるなら、した方がよいですよ。